気象大学校学生

MP900387567

気象大学校学生とは将来に気象庁幹部職員になることに向けて天候・気象に関する専門的な知識を4年間学び養成する。

気象大学校学生の学生は気象庁の職員として国家公務員でありながら学位も取得することが出来る。

気象大学校学生になるためには20歳未満であり高卒程度の学歴・年齢による受験資格が必要です。
(日本国籍も必要)

卒業後は予報・観測・調査及び研究の業務に従事するために気象庁や全国にある気象台などに配属されることが多い。

難易度及び合格率等の考察


気象大学校学生となるための試験は高卒程度のレベルでありますが、やや高めと見ています。

その合格率はおよそ13~15%と低く、試験の難易度以上に採用枠に入るための門戸は狭い。

試験や受験に関する情報量は少なく、気象大学校学生に特化した学習をすることは難しいのかもしれませんが、試験の内容的には独学で十分チャレンジできるレベルです。

上記のグラフでの表記には「転職・就職」の値が存在しますが、気象大学校学生になることによって国家公務員としての職を得ることになる採用試験ですので、この値は無意味かもしれません。

管理栄養士試験の各種情報

合格率 15%前後
難易度 やや高い
試験科目 一次試験

  • 数学
  • 物理
  • 英語
  • 教養
  • 一般的な知識・知能

二次試験

  • 作文試験
  • 人物試験
  • 身体検査
試験方法 多肢選択及び記述式試験等
試験実施機関 人事院各地方事務局
受験手数料 無料
試験日 8月~9月頃
合格発表日 1次試験:12月 2次試験:1月
合格後