労働基準監督官

労働基準監督官

労働基準監督官の採用試験は6月に1次試験、7月に2次試験が実施されます。

採用枠(合格率)はとても低いですが、企業等の労働条件を守らせる監視役として厚生労働省や地方労働局または労働基準監督署などに勤務して法廷労働条件を守る役割を持ちます。

労働基準監督官としての採用試験の試験区分としてA(法文系)とB(理工系)があります。

採用試験を受験するためには学歴による受験資格と、年齢による制限があります。
(受験資格については後述します)

難易度及び合格率等の考察


労働基準監督官採用試験の採用倍率はおよそ20倍前後であり、非常に狭き門となっています。

試験難易度は高く、その合格率は4%前後です。

受験のためには大卒程度の学歴が必要となり、公務員採用試験としての難易度でみると地区地方公務員上級の採用試験と比較しても引けを取らないほどの難関といえます。

法律に関する幅広い知識と会計能力を問われる試験であります。

労働基準監督官採用試験の各種情報

合格率 4%前後
難易度 高い
試験科目 1次試験

  • 基礎能力試験
  • 専門試験(選択式)
  • 専門試験(記述式)

2次試験

  • 人物試験
  • 身体検査
  • 身体測定
試験方法 多肢選択方式及び記述式による筆記試験、面接、身体検査・測定
試験実施機関 人事院地方事務局
受験手数料 無料
試験日 1次試験:6月 2次試験:7月
合格発表日 1次試験:7月 2次試験:8月
合格後

労働基準監督官採用試験受験資格について

労働基準監督官採用試験の受験資格は下記の何れかに該当するものとされます。

  • 受験する年の4月1日現在の年齢が21歳以上30歳未満のもの
  • 受験する年の4月1日現在の年齢が21歳未満であり次に掲げるもの
    • 大学、短大または高専を卒業した者及び翌年3月までに卒業見込みのもの

    • 人事院が上記と同等の資格があると認めるもの