司法書士

司法書士

司法書士とは登記手続き代行などを行い、主に土地移転や契約に関する登記業務の専門家です。

土地・家屋の購入や起業の際に所有権に関することや法人の手続きを代行する。

司法書士となるための国家試験には実務経験や学歴・年齢等による受験資格は必要なく誰でもが受験可能ではあるが、日本国内の国家資格の中でも有数の難易度を誇る難関資格でもあり、その合格率はきわめて低く、司法書士の資格を得て独立開業をするにも知識だけではなく人脈や地盤・信用が必要となることでしょう。

また司法書士の業務は土地や法人の登記手続きだけではなく法律に関する相談に応じたり、自己破産・個人再生・特定調停などの債務整理や相続・遺言に関するコンサルティングなどを行うため確実で正確な幅広い知識を求められる。

司法書士試験の難易度は、よく行政書士と比較されることがありますが、今現在行政書士と比較すると司法書士の合格率は半分以下です。

一言で国家資格の難易度を言い表すことは出来ませんが、例年行政書士試験の受験者数よりも司法書士の受験者数は3倍以上ですので、難易度の差によって合格率に開きがあるというよりも「落ちる人数の差」とも言い換えることが出来るかもしれません。

もちろん、どちらも非常に難易度の高い試験であることに変わりはありません。

しかしながら、司法書士試験の受験者数の多さはそれだけ注目度が高くニーズが高い資格であることは間違いないでしょう。

難易度及び合格率等の考察


司法書士試験の国家資格としての難易度は極めて高く「難関(上位)」とカテゴライズしております。

その難易度は例年合格率が概ね3%前後と低いことからも推し量ることが出来ます。

前述しましたが、行政書士国家試験と難易度や合格率を比較されることがありますが、合格率に開きはあるものの実際の難易度はどちらも比較できないほど難易度は双方とも高く取得までの努力を要することになる。
(行政書士試験の合格率は6%~10%前後)

司法書士の受験や試験に関する情報量は比較的多く、通学や通信教育によって取得を目指す方法もありますし、独学によっても十分に合格を目指すことは可能。

例年受験者数が多く、上記グラフ上の人気度のパラメータは高く表しておりますが、その分注目度が高くニーズの高い資格であることが読み取れます。

管理栄養士試験の各種情報

合格率 3%前後
難易度 難関(上位)
試験科目 筆記試験:午前の部

  • 憲法
  • 民法
  • 商法
  • 刑法に関する知識

筆記試験:午後の部

  • 不動産登記法
  • 商業登記法
  • 民事訴訟法
  • 民事執行法
  • 民事保全法
  • 供託法
  • 司法書士法
  • 不動産登記法(記述式)
  • 商業登記法(記述式)

口述試験

  • 筆記試験合格者に対して、筆記試験にある事項について実施される
試験方法 多肢選択マークシート方式及び記述式筆記試験、口述試験
試験実施機関 法務省
受験手数料 6600円
試験日 筆記試験:7月 口述試験10月
合格発表日 筆記試験:9月 口述試験:11月
合格後