中小企業診断士

中小企業診断士

中小企業診断士とは経済産業省管轄の国家資格であり、主な業務としては法律中小企業支援方に基づいて中小企業の経営状況を分析し、助言・マネジメント・コンサルティングを行う。

一般の企業に勤めながらも経営・マネジメントに高い関心を示す方の増えている昨今では、キャリアアップを目指して中小企業診断士資格の取得を目指す方が増えている。

中小企業診断士資格は経営に関するコンサルティング・マネジメントスキルを証明する国家資格として、実践的な経営に関する幅広い知識と技能を求められ、経済学、財務、会計、経営論、経営情報システムなどの知識が必要となる。

当該試験の受験に際して年齢や学歴または実務経験などによる受験資格は必要なく誰でもが受験することが可能。

1次試験は2日間のマークシート方式の筆記試験であり、2次試験では記述式の筆記試験と個人ごとに面接の形式を取る口述試験がある。、

中小企業診断士となるためには、まず始めに1次試験に合格する必要があり、その後に2次試験に合格し実務補習または診断士としての実務経験を積むか、養成課程を修了しなければならない。

独立開業を目指す方や企業の経営に関心の高い方の注目を集め、比較的受験者年齢層は高め。

難易度及び合格率等の考察


中小企業診断士試験の国家資格としての難易度は高く、その合格率は1次試験で15%前後であり2次試験は18%前後です。

試験や受験に関する情報量はとても多く、各種参考書や問題集またはスクールなども豊富にあり受験者のスタイルに見合った方法で合格を目指すことができ、独学のみでの合格は目指すこともできますが、相当な努力を必要とします。

企業経営に興味を持つ方が増加する傾向にある昨今では、中小企業診断士試験という経営に関するコンサルティング・マネジメントスキルを証明する国家資格として注目を集める。

中小企業診断士試験の各種情報

合格率 1次試験:15%前後 2次試験:18%前後
難易度 高い
試験科目 1次試験

  • 経済学・経済政策
  • 財務・会計
  • 企業経営理論
  • 運営管理
  • 経営法務
  • 経営情報システム
  • 中小企業経営・政策

2次試験

  • 中小企業の診断及び助言に関する実務の事例(筆記)
  • 中小企業の診断及び助言に関する能力について(口述)
試験方法
  • 1次試験:マークシート方式
  • 2次試験:記述・口述
試験実施機関 社団法人中小企業診断協会
受験手数料 1次試験:14400円 2次試験:17900円
試験日 1次試験:8月 2次試験:筆記10月 口述12月
合格発表日 1次試験:9月 2次試験:1月
合格後