ITパスポート試験

ITパスポート試験

ITパスポート試験とは、経済産業省管轄の国家資格の一つで現代のビジネスマンにとっての誰でもが共通して備えておくべきITに関する基礎的な知識を問われます。

情報処理技術者試験のレベル1に相当し、情報通信技術の上級資格への第一歩という位置づけで、受験にチャレンジされる方も非常に多い。

当該試験の受験に際して学歴や実務経験等による受験資格は特に必要なく、誰でもが受験することが可能です。

情報技術に関する専門用語や概念などの理解力が必要です。

難易度及び合格率等の考察


ITパスポート試験の国家資格としての難易度はやや低く、その合格率は48%前後です。

受験及び試験に関する情報量は非常に多く、参考書や問題集などをはじめ、各種スクールも豊富であり試験対策スタイルの選択肢は非常に広い。

受験者のスキル・能力・知識の確認にピッタリで、企業からの視点においても基本的な知識を測るバロメータとなり、注目度の高い試験です。

ITパスポート試験の各種情報

合格率 48%前後
難易度 やや低い
試験科目
  • 企業と法務
  • 経営戦略
  • システム戦略
  • 開発技術
  • 基礎理論
  • 技術要素
試験方法 マークシート方式による筆記試験
試験実施機関 独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センターhttp://www.ipa.go.jp/
受験手数料 5100円
試験日
  • 4月
  • 10月
合格発表日 5月11月
合格後