土木施工管理技士

土木施工管理技士

土木施工管理技士とは国土交通省管轄の施工管理技士国家資格の一つで、規模の大きな土木工事や公共工事(河川・ダム・橋梁・港湾・鉄道・トンネルなど含む)などの現場において施工の指揮を行います。

土木施工管理技士は1級と2級に分類され、2級はさらに「土木」「鋼構造物塗装」「薬液注入」の3種別がある。

いずれの分類においても学歴及び実務経験による受験資格が必要となる。

土木施工管理技士試験の受験資格は下記の通りです。

1級土木施工管理技士受験資格

  • 大学卒業後3年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は4年6ヶ月以上)
  • 短期大学・高等専門学校卒業後5年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は7年6ヶ月以上)
  • 高等学校卒業後10年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は11年6ヶ月以上)
  • その他の者は15年以上の実務経験

2級土木施工管理技士受験資格

  • 大学卒業後1年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は1年6ヶ月以上)
  • 短期大学・高等専門学校卒業後2年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は3年以上)
  • 高等学校卒業後3年以上の実務経験(指定学科以外卒業後は4年6ヶ月以上)
  • その他の者は8年以上の実務経験

土木施工管理技士資格者は東日本大震災以降の復興工事などで必置となるため需要が高い。

難易度及び合格率等の考察


土木施工管理技士の国家資格としての難易度は一般的で、その合格率はおよそ50%前後です。

試験を受験するための受験資格として比較的長い実務経験が必要となるため、若干試験にチャレンジする敷居は高くなりますが、大規模な土木工事を受注するために必置となる資格であるため、公共工事の増加に伴い土木施工管理技士資格の有資格者を求める声は高まっている。

試験や受験に関する情報量はとても多く、参考書や問題集等の種類も豊富で通信教育などもあり、受験者のスタイルに合った勉強方法で学習でき、独学でも十分に合格を目指すことができるといえる。

土木施工管理技士試験の受験者数は例年とも非常に多く、そこからも当該資格の需要の高さが見受けられる。

土木施工管理技士試験の各種情報

合格率 50%前後
難易度 一般的
試験科目 学科試験

  • 土木工学等
  • 施工管理法
  • 関連法規

実地試験

  • 施工管理法
試験方法
  • 学科試験:マークシート方式
  • 実地試験:記述式
試験実施機関 財団法人全国建設研修センター
受験手数料
  • 1級学科:8200円
  • 1級実地:8200円
  • 2級:8200円
試験日
  • 1級学科:7月
  • 1級実地:10月
  • 2級10月
合格発表日
合格後