気象予報士

気象予報士

気象予報士とは国土交通省管轄の国家資格です。

気象庁が観測・予報するものとは別に局地的な気象の予報を民間でも独自に行うことが出来るように、気象業務方という法律の改正によって注目を集めた資格でもあります。

受験に際して学歴や年齢・実務経験等が必要ないためチャレンジする敷居は低いが、実際難易度は高い。

また、実益を兼ねて芸能人・著名人が受験にチャレンジしたりすることで認知度の高い資格ですが、自分独自に天気を予想したいという趣味の方も多く受験されています。

難易度及び合格率等の考察


気象予報士試験の国家資格としての難易度は高く、その合格率は5~6%前後と非常に低く「難関」とカテゴライズしてもいいほど合格への門戸は狭い。

気象の予報は有事の際の防災情報とも密接に関係していますので、不適切な気象情報が安易に流布することによって周囲や社会に混乱を起こす可能性も考えられるため、気象予報に関する適切な技術や知識を有することが求められるため、やはり試験も厳格であるようです。

試験や受験に関する情報量は比較的少ないかもしれませんが、関連書籍や参考書・問題集をはじめ通信教育なども存在し、自分のライフスタイルに合った学習方法で独学によってでも合格を目指すことは可能です。

また、実務経験によって科目の一部または全部が免除になることもあります。

管理栄養士試験の各種情報

合格率 5%前後
難易度 高い
試験科目 学科試験

  • 大気の構造
  • 大気の熱力学
  • 降水過程
  • 大気における放射
  • 大気の力学
  • 気象現象
  • 気候の変動
  • 気象業務法その他の気象業務に関する法規
  • 観測の成果の利用
  • 数値予報
  • 短期予報・中期予報
  • 長期予報
  • 局地予報
  • 短時間予報
  • 気象災害
  • 予想の精度の評価
  • 気象の予想の応用

実技試験

  • 気象概況及びその変動の把握
  • 局地的な気象の予想
  • 台風等緊急時における対応
試験方法 多肢選択方式による学科試験及び記述式による実技試験
試験実施機関 一般財団法人気象業務支援センター
受験手数料 11400円
試験日 8月及び1月
合格発表日
合格後 試験に合格後に気象予報士となるためには気象庁長官の登録を受けることが必要です。
※気象予報士登録申請書・気象予報士試験合格証明書の写し・誓約書・返信用封筒・登録手数料を用意する必要がある