国内旅行業務取扱主任者

国内旅行業務取扱主任者

国内旅行業務取扱主任者とは、国内旅行を取り扱う営業所には
一定の資格を持った旅行業務取扱管理者を選任するよう旅行業法に
よって定められており、当該主任者はその事業について公正性
確実性・契約等の明確性を管理し、また監督を行います。

国内旅行業務取扱主任者となるためには国土交通省管轄の国家試験に
合格する必要があり、また営業所ごとに1名以上の有資格者が必要である
必置資格であることから人気及びニーズも高く注目度の高い資格です。

当該試験の受験に際して年齢、学歴及び実務経験などによる受験資格は
必要なく、誰でもが受験することが可能です。

難易度及び合格率等の考察

国内旅行業務取扱主任者試験の国家資格としての難易度はやや高く
その合格率は32%前後と比較的低めです。

試験および受験に関する情報量は少ないのですが、毎回の受験者数が
比較的多いことからグラフ上の表記として人気度の数値は高めに記し
ております。

旅行関連企業をはじめ、航空・海運などの分野にもニーズがあります。

国内旅行業務取扱主任者試験の各種情報

合格率 32%前後
難易度 やや高い
試験科目
  • 旅行業法及び関係法令
  • 旅行業約款及び関連約款
  • 国内旅行実務
試験方法 マークシート方式による筆記試験
試験実施機関 一般社団法人日本旅行業協会
受験手数料 5800円
試験日 9月
合格発表日 10月頃
合格後