理学療法士

理学療法士

理学療法士とは、医療やリハビリのスペシャリストとして医師の指示のもとに患者にマッサージを施したり温熱・磁気・電気治療を施すだけではなく、運動・大層または生活においての助言指導を行います。

理学療法士は厚生労働省管轄の国家資格で、「超」高齢化社会といわれる現代ではとてもニーズの高い資格でもあります。

理学療法士になるためには定められた教育課程を履修した後国家試験に合格する必要があります。
(理学療法士及び作業療法士法によって定められる)

また専門職としてのキャリアアップとしても注目を集めていることもあり、例年受験者数は多い。

※受験資格については後述しますので、また御覧くださいませ。

難易度及び合格率等の考察


理学療法士の国家資格としての難易度は一般的で、その合格率はおよそ75%前後となっております。

医療や福祉の現場において非常にニーズの高い資格でもあることから受験者数も比較的多い。

リハビリテーションのスペシャリストの人材は現在不足気味でもあることから、理学療法士資格を取得した人材を求める現場は多くキャリアアップや転職・就職にも有利な資格であることが見受けられる。

受験や試験などに関する情報相は比較的少ないかもしれませんが、必要な知識や技能は受験資格にもある教育課程で履修することが必須であることから、さほど問題にはならないでしょう。

管理栄養士試験の各種情報

合格率 75%前後
難易度 一般的
試験科目 一般科目

  • 解剖学
  • 生理学
  • 運動学
  • 病理学概論
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 臨床医学大要及び理学療法

口述試験及び実技試験

  • 運動学
  • 臨床心理学
  • リハビリテーション医学
  • 臨床医学大要及び理学療法
試験方法 筆記試験及び口述試験及び実技試験
(点字試験者に対しては実地問題は行われません)
試験実施機関 各地方厚生局・厚生労働省
受験手数料 10100円
試験日 3月
合格発表日
合格後

理学療法士受験資格について

理学療法士国家試験を受験するための受験資格は下記の通りです。

  • 学校教育法の規定により大学に入学することができる者で、文部科学省令・厚生労働省令で定める基準に適合するものとして、文部科学大臣が指定した学校又は厚生労働大臣が指定した理学療法士養成施設において、3年以上理学療法士として必要な知識及び技能を修得したもの
  • 外国の理学療法に関する学校若しくは養成施設を卒業し、又は外国で理学療法士の免許に相当する免許を得た者で、厚生労働大臣が上記に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認定したもの
  • 法の施行の際(昭和40年8月28日)現に文部大臣又は厚生大臣が指定した学校又は施設において、理学療法士となるのに必要な知識及び技能を修業中の者であって、法施行後に当該学校又は施設を卒業したもの