基本情報技術者

基本情報技術者

基本情報技術者とは経済産業省管轄の国家資格であり、主に情報通信関連やシステム構築関連企業などにおいてファーストステップとして人気の高い資格です。

多くの企業ではまず最初に目指すべき資格として推奨されることも多く、認知度が高く取得することによって評価査定や昇進昇格にも優遇されることも多い。

基本情報技術者試験を受験するに当たって、学歴や実務経験等の受験資格は必要なく、誰でも受験することが可能であることからとても敷居の低いチャレンジしやすい資格です。

情報処理技術者試験の中でも最初の一歩に相当する資格ですので、基本情報治術者として求められる技術力・知識力は上位の技術者からの指導のもと、情報通信に関する分析・提案または設計・運用ができるレベルを求められる。

難易度及び合格率等の考察


基本情報技術者試験の国家資格としての難易度は一般的な難しさですが、その合格率は25%前後と意外に低い。

これは当該試験が前述しましたがファーストステップとして見られ事や、誰でもが受験することが可能である敷居の低さから受験の準備を怠ったままチャレンジされることが多いことから合格を逃す方が多いように思われます。

悪い言い方をしますが「舐めてかかる人」が多いためでしょう。

実際の試験レベルはそれほど高くありませんし、試験に関する書籍や情報量も豊富ですので自分のスタイルにあった学習方法でキチンと準備をすれば独学でも十分に合格できるレベルであります。

上記のグラフ上での「人気度」の値は基本情報技術者試験を受験される方は非常に多いため高い数値にしております。

また、逆に基本情報技術者資格は情報通信関連企業やシステム構築の企業において「持っていて当たり前」とする企業も多いので、この資格単体での就職や転職には若干アピール不足のように感じます。

しかし、評価を上げるための効果は十分にあるでしょう。

基本情報技術者試験の各種情報

合格率 25%前後
難易度 一般的
試験科目 午前試験

  • 基礎理論
  • アルゴリズムとプログラミング
  • コンピュータ構成要素
  • システム構成要素
  • ソフトウェア
  • ハードウェア
  • ヒューマンインタフェース
  • マルチメディア
  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティシステム開発技術
  • ソフトウェア開発管理技術
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム監査
  • システム戦略
  • システム企画
  • 経営戦略マネジメント
  • 技術戦略マネジメント
  • ビジネスインダストリ
  • 企業活動
  • 法務

午後試験

  • コンピュータシステムに関すること
  • 情報セキュリティに関すること
  • データ構造及びアルゴリズムに関すること
  • ソフトウェア設計に関すること
  • ソフトウェア開発に関すること
  • マネジメントに関すること
  • ストラテジに関すること
試験方法 午前:マークシート方式 午後:記述式・論述式
試験実施機関 情報処理推進機構
受験手数料 5100円
試験日 4月・10月
合格発表日
合格後