ウェブデザイン技能検定

web

ウェブデザイン技能検定とは、実技と学科試験によって関連国際標準規格等に基づいて
ウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問う国家検定です

ウェブデザイン技能検定には1級から3級までのクラスがあり、受験資格(実務経験年数)が
其々異なりますので注意が必要です。
3級であれば、受験資格は「ウェブの作成や運営に関する業務に従事している者及び
従事しようとしている者。」となっておりますので、門戸は広く難易度的にも比較的
優しくなっています。

ウェブデザイン技能検定に合格すると、ウェブデザイン技能士を名乗ることができます。
(一部級を除く)

難易度及び合格率等の考察


試験の難易度は全体的としては一般的な難しさですが、1級試験は
やはり難易度が高く合格率が低いです。
試験に関する情報量も比較的多く取り組みやすい資格で
ウェブデザイン系の就職転職に一定の効果が見込めます。

人気度に関しては受験者数等の情報が今現在得られませんでしたので
一旦「0」と表記させていただきました。

※コメント欄に受験者数情報をいただきました

ウェブデザイン技能検定の各種情報

合格率 1級は10%程度、2級3級は50%前後
難易度 1級はやや高め、2級3級は低め
試験科目
  • インターネット概論
  • ワールドワイドウェブ法務
  • ウェブデザイン技術
  • ウェブ標準
  • ウェブビジュアルデザイン
  • ウェブインフォメーションデザイン
  • アクセシビリティ
  • ユニバーサルデザイン
  • ウェブサイト設計
  • 構築技術
  • ウェブサイト運用
  • 管理技術
  • 安全衛生
  • 作業環境構築
試験方法 筆記試験(マーク方式)/実技
試験実施機関 インターネットスキル認定普及協会
受験手数料
  • 1級・・・ 学科: 7,000円 実技: 25,000円 (合計32,000円)
  • 2級・・・ 学科: 6,000円 実技: 12,500円 (合計18,500円)
  • 3級・・・ 学科: 5,000円 実技: 5,000円 (合計10,000円)

 

試験日 インターネットスキル認定普及協会
合格発表日 約試験一か月後程度
合格後 1級の合格者には厚生労働大臣より、2級及び3級の合格者には当協会理事長より、ウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。

その他の情報

技能検定は、業務独占資格ではなく、合格者でなければ「技能士」と名乗ることは出来ない名称独占資格です。
技能検定の目的は、あくまで労働者の技能を公証するものです。

また「名称独占資格」とは、業務自体は特に資格がなくても従事することができますが
資格取得者以外の人がその呼称を利用することを法令によって禁止されている資格です。