システム監査技術者

システム監査技術者

システム監査技術者とは、情報通信に関する監査や改善に関するエキスパートとしての知識等を求められる資格であり、経済産業省管轄の国家資格です。

情報処理技術者試験の1区分として数ある高度情報処理技術者試験のなかでも特に高い難易度を誇り、システムの監査や安全性・信頼性・機密性・効率性・有用性などを幅広い視野から評価を行い問題点を改善勧告する能力を求められる。

受験に際して年齢や学歴または実務経験等による受験資格は必要なく誰でもが受験することが可能です。

システム監査技術者はネットワークやセキュリティまたはシステム組み込みなどの技術的な知識だけではなく、対象となる情報システムが経営に貢献しているか、またシステムに問題点があれば指摘及び勧告が出来る能力が必要であり、幅広い知識と高い能力が求められる。

難易度及び合格率等の考察


システム監査技術者試験の国家資格としての難易度は非常に高く「難関」といってもいいと思います。

前述しましたが高度情報処理技術者試験のなかでも特に高い難易度の試験ではありますが、しかし合格率だけで見ると受験合格者の割合は14%前後であることから他の高度情報処理技術者試験と比較しても特段高いとはいえません。

難易度が高く難関試験だと言えども十分に学習を積み重ねれば独学でも合格が可能です。

試験や受験に関して高度情報処理技術者試験関連の参考書や問題集または関連書籍も豊富ですし、通信教育等もありますのでシステム監査技術者試験の情報量は多いといえます。

システム監査試験は他の情報処理技術者試験と比較すると受験者数が少ないため、上記のグラフ上では人気殿パラメーターを低めに表しています。

システム監査技術者の資格を取得することによって就職や転職に際してIT関連の技術力や知識を大きくアピールすることができ、また多くの業種において社内評価に大きく貢献しますが、特に転職や就職のアピールにはシステム監査技術者としての知識等はもちろんとして、それに相応したコミュニケーション能力や視野の広さ・指摘ができる能力を求められるでしょう。

システム監査技術者試験の各種情報

合格率 14%前後
難易度 難関
試験科目 午前

  • データベース
  • ネットワーク
  • セキュリティ
  • システム開発技術
  • サービスマネジメント
  • システム監査
  • 経営戦略マネジメント
  • 企業活動
  • 法務

午後

  • 情報システム・組み込みシステム・通信ネットワークに関すること
  • システム監査全般に関すること
  • システム監査の計画・実施・報告に関すること
  • システム監査関連法規に関すること
試験方法 午前:マークシート方式 午後:記述式・論述式
試験実施機関 情報処理推進機構
受験手数料 5100円
試験日 4月
合格発表日
合格後

その他の情報

情報処理推進機構において、システム監査技術者に対して期待する技術的な水準として下記のように記述されています。

期待する技術水準
情報システムや組込みシステムが適切かつ健全に活用され、ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に貢献できるように改善を促進するため、次の知識・実践能力が要求される。

  • (1)情報システムや組込みシステム及びそれらの企画・開発・運用・保守に関する幅広く深い知識をもち、その目的や機能の実現に関するリスクとコントロールに関する専門知識をもつ。
  • (2)情報システムや組込みシステムが適用される業務プロセスや、企業戦略上のリスクを評価し、それに対するコントロールの問題点を洗い出し、問題点を分析・評価するための判断基準を自ら形成できる。
  • (3)ITガバナンスの向上やコンプライアンスの確保に寄与するために、ビジネス要件や経営方針、情報セキュリティ・個人情報保護・内部統制などに関する関連法令・ガイドライン・契約・内部規定などに合致した監査計画を立案し、それに基づいて監査業務を適切に管理できる。
  • (4)情報システムや組込みシステムの企画・開発・運用段階において、有効かつ効率的な監査手続を実施するための監査技法を適時かつ的確に適用できる。
  • (5)監査結果を事実に基づく論理的な報告書にまとめ、有益で説得力のある改善勧告を行い、フォローアップを行うことができる。