エンベデッドシステムスペシャリスト

エンベデッドシステムスペシャリスト

エンベデッドシステムスペシャリストとは、経済産業省管轄の国家試験である
情報処理技術者試験の一つであり、その試験制度レベルは「スキルレベル4」と
されております。

「エンベデッド」とは「組み込み」を指し示す言葉であり、エンベデッドシステム
スペシャリストとはシステム組み込みの専門家であり、ユーザの要望に応え、その
性能及び機能や品質及び信頼性を実現すべく、ハードウェア及びソフトウェアを把握
して適切なシステム組み込みを実現するための幅広い知識と高い技術力を有している
かを判断され、またその実践能力を求められる試験です。

当該試験の受験に際して学歴や実務経験等による受験資格は必要なく、誰でもが
受験することが可能。

また、エンベデッドスペシャリスト試験をはじめとした情報処理技術者試験は多くの
企業において、その資格の評価及び認知度は高く幅広い業種においてその高い技術力と
知識、技能は一定の評価を得る。

難易度及び合格率等の考察


エンベデッドスペシャリスト試験の国家資格としての難易度は高く、合格率は
17%前後と低い。

当該試験のみに関わらず情報処理技術者関連の資格についての受験及び試験に関する
情報量は非常に豊富で、独学による資格取得も十分に可能でしょう。

エンベデッドシステム試験は他の情報処理技術者試験の中では受験者数が少ないため
上記グラフ上における人気度の数値としては比較的低めに表しております。

エンベデッドシステムスペシャリスト試験の各種情報

合格率 17%前後
難易度 高い
試験科目 午前Ⅰ

  • 基礎理論
  • コンピュータシステム
  • 技術要素
  • 開発技術
  • プロジェクトマネジメント
  • サービスマネジメント
  • システム戦略
  • 経営戦略
  • 法務

午前Ⅱ

  • コンピュータシステム
  • 技術要素
  • 開発要素

午後Ⅰ・Ⅱ

  • 組込みシステムの設計・構築に関すること
  • 組込みシステムの設計・構築に関すること
  • 組込みシステムの設計・構築に関すること
試験方法 マークシート方式及び記述・論述方式による筆記試験
試験実施機関 独立行政法人情報処理推進機構情報処理技術者試験センター
受験手数料 5100円
試験日 4月
合格発表日 6月
合格後