ガス主任技術者

ガス

ガス主任技術者とは、ガス主任技術者免状の交付を受けている者をいいます。
ガス事業者は「ガス事業法」によって定められている規定によって
経済産業省令で定められている実務経験を持つ人からガス主任技術者を
選任しなければならなく、ガス主任技術者となるために国家試験である
ガス主任技術者試験に合格しなければなりません。

当資格の受験に際して特段の受験資格は必要ありません。

ガス主任技術者は経済産業省管轄であり、ガス工作物の保安・監督など
を行います。
また、その業務区分によって「甲種」「乙種」「丙種」があり其々が下記の通り
業務の範囲が異なり、免状の種別も異なります。

  • 甲種ガス主任技術者免状 – ガス工作物の工事、 維持及び運用
  • 乙種ガス主任技術者免状 – 最高使用圧力が 中圧及び低圧のガス工作物並びに特定ガス発生設備等に係るガス工作物等の工事、維持及び運用
  • 丙種ガス主任技術者免状 – 特定ガス発生設備に係るガス工作物の工事、維持及び運用

ガス主任技術者試験は比較的合格率の低い試験ではありますが
その内容は「難関」というレベルでもありませんので、しっかりと
取り組めば合格に手が届くのではないでしょうか。

難易度及び合格率等の考察


ガス主任技術者試験は難易度としてはやや高く、合格率も
低めです。

受験者数がそれほど多くありませんので、人気度の表記としては
低めにしておりますが、ガス関連企業などへの就職や転職には
有用な資格であると思われます。

ガス主任技術者試験関連書籍はこちら

ガス主任技術者試験の各種情報

合格率 甲種及び乙種は約15%前後、丙種は約25%前後
難易度 甲種及び乙種は「やや高い」、丙種は「普通」程度
試験科目
  • ガス事業関係法令(保安に関するものに限る。)
  • ガスに関する物理及び化学理論
  • ガス工作物の工事、維持及び運用に関する技術
  • ガス工作物の構造及び機能
  • ガスの成分分析及び熱量等の測定
  • ガス器具の構造及び機能

細目は日本ガス機器検査協会の試験用法>試験実施の内容をご確認ください。

試験方法
  • 多肢選択
  • 論述
試験実施機関 一般財団法人 日本ガス機器検査協会
受験手数料 12,700円(非課税)
試験日 例年9月下旬頃
合格発表日 例年12月下旬頃
合格後 試験合格後に免状の交付を受けるには免状交付申請書を入手し、申請します。免状の申請には「免状交付申請書」「交付手数料を振り込んだことを証明する書類(振込受付証明書等(コピー可)」「合格通知書の写し」が必要です。

その他の情報

ガス主任技術者試験に合格してから、免状が交付されるまで
少々時間がかかります。

日本ガス機器検査協会様においては、申請から発行まで1~2か月程度で
と公表されております通り、受験者数・申請者数が多いので2か月ほどの
期間を見越しておいた方がいいかもしれません。