核燃料取扱主任者

核燃料取扱主任者

核燃料取扱主任者とは、経済産業省管轄の国家試験であり
核燃料の加工、使用済核燃料の再処理を行うところで、核
燃料物質に関して保安の監督を行う。

核燃料物質の加工及び使用済みの核燃料の再処理には、そ
の取り扱いや管理について非常に高度な専門知識と技術が
必要となり、加工工場・再処理工場及び施設の保管監督の
責任者であり、当該資格はその責任者の必置資格です。

当該試験に際して学歴及び実務経験等による受験資格は必
要ありません。

難易度及び合格率等の考察


核燃料取扱主任者の国家資格としての難易度はやや高く
その合格率は約10%前後と比較的低い。

当該試験及び受験に関する情報量は少ない。

必置資格であることから一定のニーズがあり
ウラン加工・プルトニウム再処理工場施設を
はじめ、核燃料の取り扱いに関する業種など
に需要があります。

毎年の受験者数がそれほど多くない為、グラフ
表記上の人気度の数値は低めに表しております。

核燃料取扱主任者試験の各種情報

合格率 10%前後
難易度 やや高い
試験科目
  • 核燃料物質の化学的性質及び物理的性質
  • 核燃料物質の取扱いに関する技術
  • 放射線の測定及び放射線障害の防止に関する技術
  • 核燃料物質に関する法令
試験方法 筆記試験
試験実施機関 経済産業省
受験手数料 47700円
試験日 3月
合格発表日 5月下旬頃
合格後