精神保健福祉士

精神保健福祉士

精神保健福祉士とは、医療機関や福祉施設などにおいて精神障害者の
社会復帰を支援や生活の支援、または住宅及び就職に関する相談に
応じる業務に従事します。

精神保健福祉士は厚生労働省管轄の国家資格であり、社会福祉士や
介護福祉士と並び三福祉士の一つと称される資格でもあります。

精神保健福祉士となるための試験を受験するためには実務経験及び
学歴による受験資格が必要となり、下記の通りとなります。

  • 4年制大学で指定科目を修めて卒業した方
  • 2年制(又は3年制)短期大学等で指定科目を修めて卒業し、指定施設において2年以上(又は1年以上)相談援助の業務に従事した方
  • 精神保健福祉士短期養成施設(6月以上)を卒業(修了)した方
  • 精神保健福祉士一般養成施設(1年以上)を卒業(修了)した方

人の役に立つ非常に大きなやりがいのある仕事に従事し
精神保健福祉領域のソーシャルワーカーとなります。

社会福祉士と関連する部分がとても多いため、当該資格を取得して
から社会福祉士の資格を取得する、若しくは社会福祉士の資格を
取得してから精神保健福祉士を取得するなど両資格を併せて受験
される方も非常に多い。
(相互に科目免除がある)

難易度及び合格率等の考察


精神保健福祉士の国家資格としての難易度は一般的な難しさであり
その合格率は約60%前後と高めです。

ただし、実務経験を積んだり学歴による受験資格を得て十分に
精神保健学やリハビリテーションについて学んできた人達が
受験した上で合格率が半数程度であることから、簡単だとは
思わないほうが良いでしょう。

試験や受験に関する情報量は多めで、ストレス社会・心の時代など
と呼ばれる現代社会において非常にニーズの高い資格ですし、医療
機関や福祉の現場などにおいて、幅広く人材を求められています。

精神保健福祉士師試験の各種情報

合格率 60%前後
難易度 一般的
試験科目
  • 精神医学
  • 精神保健学
  • 精神科リハビリテーション学
  • 精神保健福祉論
  • 精神保健福祉援助技術
  • 人体の構造と機能及び疾病※
  • 心理学理論と心理的支援※
  • 社会理論と社会システム※
  • 現代社会と福祉※
  • 地域福祉の理論と方法※
  • 福祉行財政と福祉計画※
  • 社会保障※
  • 低所得者に対する支援と生活保護制度※
  • 保健医療サービス※
  • 権利擁護と成年後見制度※

(なお、社会福祉士においては申請により※の科目が免除される)

試験方法 筆記試験
試験実施機関 財団法人社会福祉振興・試験センター
受験手数料 9750円
試験日 1月
合格発表日 3月
合格後

その他の情報

精神保健福祉士は法律精神保健福祉士法によって下記の通り
目的と定義が規定されております。
(目的)

  • 第一条  この法律は、精神保健福祉士の資格を定めて、その業務の適正を図り、もって精神保健の向上及び精神障害者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(定義)

  • 第二条  この法律において「精神保健福祉士」とは、第二十八条の登録を受け、精神保健福祉士の名称を用いて、精神障害者の保健及び福祉に関する専門的知識及び技術をもって、精神科病院その他の医療施設において精神障害の医療を受け、又は精神障害者の社会復帰の促進を図ることを目的とする施設を利用している者の社会復帰に関する相談に応じ、助言、指導、日常生活への適応のために必要な訓練その他の援助を行うこと(以下「相談援助」という。)を業とする者をいう。