訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)とは、厚生労働省管轄の介護保険法
施行令によって規定された、訪問介護を行うための国家資格です。

高齢者などの自宅に訪れ生活の援助や介護を行う仕事に従事し、
あらゆる福祉及び介護系の就職にアピールできる注目度の高い
資格ですが、当該資格の取得に際して学歴や実務経験等の受験
資格は必要なく、取得への敷居は低い。

また、訪問介護員の資格を取得するための手段は講習を修了する
事となっておりますが、各事業所へ通学によっての受講や、講義を
自宅で受講することが可能であるなど取得方法は幅広く用意されて
いる。

難易度及び合格率等の考察


訪問介護員の資格は講習を受講することによって取得することが
出来ますので、難易度はやさしいとしております。

非常に注目度の高い資格であり、保健施設や養護院または
老人ホーム・医療機関・福祉施設など非常に幅広い事業所に
ニーズがあり、在宅介護事業以外にも当該資格の保有者を
求める声は高い。

訪問介護員の各種情報

合格率 ほぼ100%
難易度 やさしい
試験科目 講習の受講及び実習
講習内容
  • 生活支援の理念と介護における尊厳の理解
  • 老人、障害者等が活用する制度及びサービスの理解
  • 老人、障害者等の疾病・障害等に関する理解
  • 認知症の理解
  • 介護におけるコミュニケーションと介護技術
  • 生活支援と家事援助技術
  • 医療及び看護を提供する者との連携
  • 介護における社会福祉援助技術
  • 生活支援のためのアセスメントと計画
  • 介護職員の倫理と職務
試験実施機関 都道府県担当課
受験手数料 地域により異なる
試験日 随時
合格発表日
合格後