食品衛生管理者

食品衛生管理者

食品衛生管理者とは、厚生労働省管轄の国家資格であり、また当該資格を
取得するためには食品衛生管理者者資格取得講習会を受講し修了する
ことによって資格を得ることができます。

食品を製造及び加工する業種には食品衛生管理者を配置することを義務づけ
られており、当該資格はその必置資格です。
(食品衛生法施行令[2]第13条の食品を製造・加工する業種)

食品衛生管理者となるための食品衛生管理者資格取得講習会を
受講するためには資格要件に該当している必要があり、下記のいずれか
に該当しているものでなければなりません。

  • 医師、歯科医師、薬剤師、獣医師
  • 学校教育法に基づく大学、旧大学令に基づく大学又は旧専門学校令に基づく専門学校において医学、歯学、薬学、獣医学、畜産学、水産学、農芸化学の課程を修めて卒業した者
  • 厚生労働大臣の登録を受けた食品衛生管理者の養成施設において所定の課程を修了した者
  • 学校教育法に基づく高等学校若しくは中等教育学校若しくは旧中等学校令に基づく中等学校を卒業した者又は厚生労働省令の定めるところによりこれらの者と同等以上の学力があると認められる者で、食品衛生管理者を置かなければならない製造業又は加工業において食品又は添加物の製造又は加工の衛生管理の業務に3年以上従事し、かつ、厚生労働大臣の登録を受けた講習会の課程を修了した者

また、食品等の指定(食品衛生法施行令第13条)は下記の通りです。

全粉乳(その容量が1,400グラム以下である缶に収められるものに限る)、加糖粉乳、調整粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る)、マーガリン、ショートニング、添加物(食品衛生法第11条第1項の規定により規格が定められたものに限る)

難易度及び合格率等の考察


食品衛生管理者となるためには講習会を受講(若しくは学歴)することによって
その資格を得ることができますので、その合格率は特別な理由が
無い限り合格率(取得率)は100%となっており、難易度というものは
付け難い(「やさしい」とカテゴライズしております)

指定の食品加工及び製造の現場において、必要となる資格ですので
一定のニーズはあります。

食品衛生管理者の各種情報

合格率 ほぼ100%
難易度 やさしい
講習科目 一般共通科目

  1. 公衆衛生概論:伝染病、寄生虫病、結核、水道、汚物処理、公害防止、栄養
  2. 食品衛生法及び関係法令:食品衛生法、同法施行令、同法施行規則、水道法、毒物及び劇物取締法等関係法令
  3. 食品、添加物等の基準規格:食品、添加物の基準規格、乳等省令、食品衛生試験法概説
  4. 化学概説:化学総論のうち初歩の基礎的理論
  5. 細菌学序論:細菌学(黴、ウイルスを含む。)総論、免疫学
  6. 毒物学:毒物の薬理解説(体内における毒物の作用、変化、解毒等)
  7. 食中毒学:化学物質中毒、自然毒中毒、腐敗中毒、細菌性中毒
  8. 食品学(栄養学を含む。):五大栄養素、水産畜産農産食品中の代表的な食品の製造、加工及び保存の方法
  9. 施設における衛生管理:施設衛生の要点、品質管理の理論と実際

乳製品関係科目

  1. 細菌学実習:滅菌、消毒培養、鏡検法等
  2. 乳製品検査法:乳及び乳製品の理化学的及び細菌学的検査法
  3. 乳製品検査実習
  4. 施設見学及び臨地訓練:乳製品の製造加工の施設の見学

食肉製品関係科目

  1. 細菌学実習:滅菌、消毒培養、鏡検法等
  2. 食肉製品検査法:食肉製品の理化学的及び細菌学的検査法
  3. 食肉製品検査実習
  4. 施設見学及び臨地訓練:食肉製品の製造加工の施設の見学

添加物関係科目

  1. 分析法概論:陰陽イオン分析法、定量分析概論、有機化合物一般分析法
  2. 添加物鑑定法:添加物の定性法、純度試験法
  3. 添加物鑑定実習
  4. 施設見学及び臨地訓練:添加物の製造加工の施設の見学
試験方法
  • 講習会(約30日)受講により取得
  • 学歴等により取得
講習実施機関 講習開催地による
受験手数料 298000円
試験日 不定期

その他の情報

食品衛生管理者は、食品衛生法の第48条により食品衛生法施行令第13条の
食品を製造・加工する業種に配置することを義務づけられた資格であり
当該法令は下記の通りです。

食品衛生法

  • 第四十八条  乳製品、第十条の規定により厚生労働大臣が定めた添加物その他製造又は加工の過程において特に衛生上の考慮を必要とする食品又は添加物であつて政令で定めるものの製造又は加工を行う営業者は、その製造又は加工を衛生的に管理させるため、その施設ごとに、専任の食品衛生管理者を置かなければならない。ただし、営業者が自ら食品衛生管理者となつて管理する施設については、この限りでない。

食品衛生法施行令

(食品等の指定)

  • 第十三条  法第四十八条第一項 に規定する政令で定める食品及び添加物は、全粉乳(その容量が千四百グラム以下である缶に収められるものに限る。)、加糖粉乳、調製粉乳、食肉製品、魚肉ハム、魚肉ソーセージ、放射線照射食品、食用油脂(脱色又は脱臭の過程を経て製造されるものに限る。)、マーガリン、シヨートニング及び添加物(法第十一条第一項 の規定により規格が定められたものに限る。)とする。