海上無線通信士

海上無線通信士

海上無線通信士とは、無線従事者試験の一つであり主に漁船や
船舶などが安全に航海するために必要とされる総務省管轄の
国家資格です。

また同試験には第一級から第四級までの階級があり、技術操作
の対象により区分されており、第四級以外は国際通信が可能で
ある。

海上無線通信士試験の受験に際して年齢及び学歴等による受験
資格等は必要なく誰でもが受験することが可能。

また、船舶や海上系の業種だけでなく一般の通信系及び情報通
信系の業種においても一定の需要がある

難易度及び合格率等の考察


海上無線通信士試験の国家資格としての難易度は概ね一般的な
難しさであり、その合格率は一海通44%、二海通30%、三海通35%
四海通60%程となっております。

試験及び受験に関する情報量は比較的多く、十分に独学でも
合格し資格取得することが可能でしょう。

また、海上無線通信士試験の受験者数は比較的少ないこともあり
グラフ表記上の人気度としては低い数値で表しております。

海上無線通信士試験の各種情報

合格率
  • 第一級44%
  • 第二級30%
  • 第三級35%
  • 第四級60%
難易度 一般的
試験科目 第一種、第二種、第三種

  • 無線工学の基礎
  • 無線工学A
  • 無線工学B
  • 法規
  • 英語
  • 電気通信術

第四種

  • 無線工学
  • 法規
試験方法 多肢選択式による筆記試験(電気通信術以外)
試験実施機関 財団法人日本無線協会
受験手数料
  • 第一種15450円
  • 第二種13650円
  • 第三種8850円
  • 第四種7050円
試験日
  • 第一種、第二種、第三種:3月及び9月
  • 第四種:2月及び8月
合格発表日
合格後