海上保安(大)学校学生採用試験

海上保安(大)学校学生採用試験

海上保安(大)学校学生採用試験に合格すると、海上保安庁における
未来の幹部職員を目指してとして教育及び訓練を受ける海上保安大学校に
入学し幹部となる職員として必要な学術及び技能の修得と、心身の錬成を
修得します。

入学することにより学生であり国家公務員(海上保安庁)となるため、
給料やボーナスを支給され、また学費も必要ありません。

海上保安大学での教育期間としては本科を4年及び専攻科を6か月の教育を
受け合算として4年6か月であり、本科を卒業すると学士(海上保安)の学位を
授与され、また専攻科において海上保安業務に即した実務を修得します。

専攻科を修了すると6か月の研修を受け、各地の巡視船艇等に配属され
そこで2年~3年の経験を積み、その後海上での勤務と陸上での勤務を
交互に繰り返しキャリアアップを目指します。

採用人員枠は概ね40~50人程度(志願者数は500~600人)

海上保安大学試験の受験に際し、学歴等による受験資格が必要となり
その受験資格は下記の通りです。

  • (1)高等学校又は中等教育学校を卒業した者及び高等学校又は中等教育学校を卒業する見込みの者
  • (2)高等専門学校の第3学年の課程を修了した者及び高等専門学校の第3学年の課程を修了する見込みの者
  • (3)高等学校卒業程度認定試験に合格した者等人事院が(1)と同等の資格があると認める者

また、受験者数に対して採用枠は一定です

難易度及び合格率等の考察


海上保安(大)学校学生採用試験の難易度は一般的な難易度と
なっておりますが、受験者数の多少に関わらず一定である為
その門戸は狭く、合格率(採用率)は10%前後となっております。

受験や試験に関する情報量は比較的少ない。

入学することにより学生であり国家公務員(海上保安庁)として
従事します。

海上保安(大)学校学生採用試験の各種情報

合格率 10%前後
難易度 一般的
試験科目 ■教養試験

  • 一般的な知識(国語、社会、数学、理科など)
  • 知能(文章理解、判断推理、数的推理、資料解釈)

■学科試験

  • 数学1
  • 数学2
  • 数学A
  • 数学B
  • 英語1
  • 英語2
  • リーディング
  • ライティング
  • 物理 1または化学 1(1科目選択)

■作文試験

  • 文章による表現力、課題に対する理解力などについての筆記試験

■人物試験

  • 人柄、対人的能力などについての個別面接

■身体検査

  • 主として胸部疾患、血圧、尿その他の一般内科系検査

■身体測定

  • 身長、体重、視力、聴力、色覚についての測定

■体力検査

  • 上体起こし、反復横跳び、鉄棒両手ぶら下がり
試験方法 多肢選択方式及び記述式による学科試験、作文試験、人物試験、身体検査、身体測定、体力検査
試験実施機関
受験手数料 無料
試験日
  • 一次試験:10月
  • 二次試験:12月
合格発表日
  • 一次試験:12月
  • 二次試験:翌年1月
合格後