高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者

高圧ガス製造保安責任者とは、高圧ガスについて製造やその販売に従事
するために必要となる必置資格であり、経済産業省管轄の国家資格です。

高圧ガス製造事業のプロフェッショナルとして販売及び製造に従事し
その従事する職務によって免状の種類が分類される。
(化学・機械の甲~丙、冷凍機械の1~3種)

高圧ガス製造保安責任者試験は、高圧ガスによる事故や災害を防ぐため、
高圧ガスの製造及び販売業務に従事する上でに必要な必置資格です。

また当該試験は受験に際して学歴や実務経験などによる受験資格は特に
必要なく誰でもが受験することが可能であり、その受験者数かなり多い。

難易度及び合格率等の考察


高圧ガス製造保安責任者の国家資格としての難易度は、当サイトにおいては
「やや高い」とカテゴライズしておりますが、その合格率は50%前後と高い。

この合格率と難易度に関しては、当該試験の種別や区分によっても差がある
ようですし、また年度によってもバラつきがあるために一概に難易度と合格率の
判断は難しいようです。

受験や試験に関する情報量は比較的少ないのですが、毎回の受験者数は非常に
多いのでその注目度とニーズの高さが伺えますし、ガス製造及び販売に携わる
企業において、評価の向上に期待できるでしょう。

高圧ガス製造保安責任者関連書籍はコチラ

高圧ガス製造保安責任者試験の各種情報

合格率 50%前後
難易度 やや高い
試験科目
  • 法令
  • 保安管理技術
  • 学職
試験方法 択一式による筆記試験
試験実施機関 高圧ガス保安協会
受験手数料
  • 甲種化学・甲種機械・第1種冷凍機械:13000円
  • 乙種化学・乙種機械・第2種冷凍機械:9000円
  • 丙種化学・丙種機械・第3種冷凍機械:8400円
試験日 11月
合格発表日 1月頃
合格後 試験に合格後に交付申請の手続きをすることによって免状の交付を受けることができる