採石業務管理者

採石業務管理者

採石業務管理者とは、経済産業省管轄の国家試験あるとともに
砕石の現場における監督、作業の計画及び実施を行うものをいい
当該業務を行うものは一定の知識及び能力をもつ採石業務管理者を
その事務所に置くことが求められる設置義務があるため需要は高い。

また、採石業務管理者は実際の採石業務の現場において災害防止に
関する職務に従事します。

年齢や学歴または実務経験による受験資格は特にありません。

難易度及び合格率等の考察


採石業務管理者試験の国家資格としての難易度はやや高めであり
その合格率は30%前後となっております。

試験及び受験に関する情報量は少なく、問題集や参考書の種類も
他の資格と比較して選択肢が少ない。

前述の通り設置義務のある資格である為一定のニーズが見込める。

採石業務管理者試験の各種情報

合格率 30%前後
難易度 やや高い
試験科目
  • 岩石の採取に関する法令事項(環境保全関係法令事項を含む)
  • 岩石の採取に関する技術的な事項(岩石の採掘・発破・破砕選別・汚濁水の処理・脱水ケーキの処理・廃土及び廃石のたい積並びに採掘終了時の措置 等)
試験方法 筆記による学科試験
試験実施機関 各都道府県採石担当課
受験手数料 8000円前後(都道府県により異なる)
試験日 10月
合格発表日 概ね10月下旬
合格後