税理士

税理士

税理士とは、財務省管轄の国家試験であり財務省令で定める
ところにより日本税理士会連合会に備える税理士名簿の登録
を受けたものをいいます。

税理士は個人及び企業の依頼によって法人税や固定資産税及び
相続税など様々な税務業務を代行し、税務に関わる手続きや
相談に応じる業務に従事します。

税理士試験の国家資格としての難易度は非常に高いのですが
何年かけてでも5科目合格すれば資格を得ることができます
ので、受験者自らの受験計画をしっかり持つことが対策の
第一歩となるでしょう。

また、当該資格の受験に際して実務経験・年齢による受験資格
が必要で、学識、資格、職歴、認定のいずれかに該当すること
が求められますが、受験資格として求められる条件は多岐に
渡ります。

受験資格について下記に記します。

受験資格(次の学識、資格、職歴、認定のいずれかに該当することが必要)
学識 大学、短大又は高等専門学校を卒業した者で右欄のいずれかに該当する者 法律学又は経済学を主たる履修科目とする学部(法学部、経済学部、商学部、経営学部)・学校を卒業した者
上記以外の学部(文学部、工学部など)・学校を卒業した者で、法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
大学3年次以上の学生で右欄のいずれかに該当する者 法律学又は経済学に属する科目を含め62単位以上を取得した者
一般教育科目、外国語科目、保健体育科目及び専門教育科目という従来の4区分制を採用している大学等において法律学又は経済学に属する科目を含め36単位(外国語及び保健体育科目を除く最低24単位の一般教育科目が必要)以上を取得した者
専修学校の専門課程((1)修業年限が2年以上かつ(2)課程の修了に必要な総授業時数が1,700時間以上に限る。)を修了した者等で、これらの専修学校等において法律学又は経済学に属する科目を1科目以上履修した者
司法試験に合格した者
旧司法試験法の規定による司法試験の第二次試験又は旧司法試験の第二次試験に合格した者
公認会計士試験短答式試験合格者
(平成18年度以降の合格者に限る。)
公認会計士試験短答式試験全科目免除者
資格 日本商工会議所主催簿記検定試験1級合格者
社団法人全国経理教育協会主催簿記能力検定試験上級合格者
(昭和58年度以降の合格者に限る。)
会計士補
会計士補となる資格を有する者
職歴 右欄の事務又は業務に3年以上従事した者 弁理士・司法書士・行政書士・社会保険労務士・不動産鑑定士等の業務
法人又は事業を営む個人の会計に関する事務
税理士・弁護士・公認会計士等の業務の補助の事務
税務官公署における事務又はその他の官公署における国税若しくは地方税に関する事務
認定 国税審議会により受験資格に関して個別認定を受けた者  

国税庁受験資格より

受験を志す前に、まずはご自身に受験資格があるのかを
しっかり把握することが大切です。

試験に合格するためには各科目60点以上の得点が必要となり
ますが、各科目によって合格率や難易度も様々となっており
ますので、自分に合った科目の選択をすることも重要となり
ます。

難易度及び合格率等の考察


税理士の国家資格としての難易度は非常に高く「難関(上位)」と
当サイトでもカテゴライズしておりますが、その合格率は
10~15%前後と意外なほど高い。

この合格率の高さはやはり科目合格制度にあり、前述して
おりますが、何年かけてでも5科目において合格点に到達
出来れば資格取得することができますので、自ずと合格率
が高くなっているようです。

試験及び受験に関する情報量も非常に多く、各種書籍や
問題集をはじめスクールなども豊富であり、当該試験は
やはり注目度も高くその毎回の受験者数も多い。

税理士試験の各種情報

合格率 10~15%前後
難易度 難関(上位)
試験科目
  • 簿記論(必須科目)
  • 財務諸表論(必須科目)
  • 所得税法(選択必須科目)
  • 法人税法(選択必須科目)
  • 相続税法(選択科目)
  • 消費税法(選択科目)
  • 酒税法(選択科目)
  • 国税徴収法(選択科目)
  • 固定資産税(選択科目)
  • 事業税(選択科目)
  • 住民税(選択科目)

※必須科目は必ず受験しなければなりません
※必須選択科目は片方若しくは両方を選択しなければなりません
※選択科目は上記の必須選択科目を1科目選択した場合は2科目受験しなければならず、必須選択科目を2科目両方選択した場合は1科目の受験が必要です。

試験方法 筆記試験
試験実施機関 国税庁
受験手数料
  • 1科目受験の場合:3500円
  • 2科目受験の場合:4500円
  • 3科目受験の場合:5500円
  • 4科目受験の場合:6500円
  • 5科目受験の場合:7500円
試験日 8月
合格発表日 12月
合格後