通関士

通関士

通関士とは、国際貿易において必要な輸出入に
おいて、申請と許可が必要であり、その通関手
続きの書類審査を行う業務を行います。

また、国家資格通関士試験に合格し税関長の
確認を受け、通関業務に従事する者を言います。

当該試験において学歴や実務経験等の受験資格は
特に必要なく、誰でも受験できるようになっています。

通関士試験は財務省管轄の国家資格であり、非常にニーズの
高い業種であることもあり、毎回の受験者数は思う以上に多い。

難易度及び合格率等の考察


通関士試験の国家資格としての難易度は、合格率が10%前後で
ある事も踏まえ、難易度は「高い」としております。

ただ、受験や試験に関する情報量は豊富であり
対策方法の情報収集も容易であることから、受験対策は
しやすいと見受けられます。
(対策が容易であれど、試験が難しいことに変わりありませんが・・・)

また、港湾や空港など通関士の活躍する場は幅広く
求人ニーズも高い。

通関士試験の各種情報

合格率 10%前後
難易度 高い
試験科目
  • 通関業法
  • 関税法
  • 関税定率法及びその他関税に関する法律
  • 外国為替及び外国貿易法
  • 通関書類の作成要領及びその他通関手続きの実務
試験方法 マークシート方式による筆記試験
試験実施機関 財務省関税局
受験手数料 3000円
試験日 10月
合格発表日 11月
合格後