揚貨装置運転士

揚貨装置運転士

揚貨装置運転士とは、船舶に取り付けられたクレーン設備及び
デリックを運転操作するものを言い、また労働安全衛生法によって
定められている厚生労働省管轄の国家資格です。

試験に合格した上で免許の交付を受けることによって制限荷重
5t以上を含めたすべての揚貨装置を運転し操作することができ
るようになります。

港湾の現場などで活躍し、主に積み荷を陸から船舶へまた
船舶から陸への積載貨物の積み替え荷役作業を行い、クレーン
操作における確かな技術と知識を求められます。

難易度及び合格率等の考察


揚貨装置運転士試験の国家資格としての難易度は一般的で
合格率は75%前後と高く、実技試験においてはよほどの
危険操作をすることが無ければ落とすことはないでしょう。
(クレーン装置等の経験が必要)

受験や試験に関する情報量は少なめで、毎年の受験者数が
少ないことからグラフ表記上の人気度は低めに表しています。

船舶関係での業種において従事できる職種の幅が広がること
や、評価の向上が期待できるでしょう。

揚貨装置運転士試験の各種情報

合格率
  • 筆記試験:75%前後
  • 実技試験:95%前後
難易度 一般的
試験科目 学科試験

  • 揚貨装置に関する知識
  • 原動機及び電気に関する知識
  • 揚貨装置の運転のために必要な力学に関する知識
  • 関係法令

実技試験

  • 揚貨装置の運転
  • 揚貨装置の運転のための合図
試験方法 筆記及び実技
試験実施機関 財団法人安全衛生技術試験協会
受験手数料
  • 学科:6800円
  • 実技:11100円
試験日 年に1~2回
合格発表日 概ね試験日から10日以内
合格後

その他の情報

実技試験については、学科試験と同じく安全衛生技術センターで
受験する方法もありますが、また別に指定登録教習機関において
揚貨装置運転実技教習を修了するという方法もありますが、やはり
この場合においても修了試験が課せられます。