航空工場整備士

航空工場整備士

航空工場整備士とは、航空従事者試験の一つであり国土交通省管轄の
国家試験です。

航空工場整備士試験を受けるためには、受験資格として18歳以上で
あることと、該当業務の実務経験年数が2年以上必要であり航空機に関する
整備・改造の経験が必要となります。

日々多くの人と貨物を輸送する航空機の整備・検査に携わり
高い技術と幅広い知識を要求される。

難易度及び合格率等の考察


航空工場整備士の国家資格としての難易度はやや難しい程度で
合格率はおよそ35~40%前後です。

受験や試験に関する情報は少なく、合格に向けた取り組みは
独学では難しいかもしれませんが、そもそも当該試験を受験
するためには業務経験が必要であり、如何に情報を得るかの
手段は従事した企業によるところが多いかもしれません。

転職・就職へのアプローチとしては前述しましたが、まず
受験するためには当該業種に既に従事している必要があるので
転職・就職には表しにくくなっています。
同業種間での転職や、企業内での評価に対しては効果があると
見ても良いでしょう。

航空工場整備士試験の各種情報

合格率 35~40%前後
難易度 やや難しい
試験科目 ●学科試験

  • 飛行と航空力学の理論
  • 航空機の取り扱い
  • 国内航空法
  • 各専門部門の機器における郷土・構造・性能・試験などに関する知識及び航空燃料
  • 潤滑油に関する知識

●実地試験

  • 各専門部門の機器の取り扱い
  • 整備・改造・検査の方法
  • 改造
  • 搭載重量配分・重心位置の計算
  • ・・・など

試験方法 学科及び実地試験
試験実施機関 国土交通省 航空局技術部乗員課
受験手数料
  • 学科試験=5600円
試験日 概ね3月及び8月
合格発表日
合格後

その他の情報

航空工場整備士の携わる業務の分類は、各専門分野に
分類されており、下記の9種別とされています。

  • 機体構造
  • 機体装備
  • ピストン発動機
  • タービン発動機
  • プロペラ
  • 計器
  • 電子装備品
  • 電気装備品
  • 無線通信機器