船舶に乗り込む衛生管理者

船舶

船舶に乗り込む衛生管理者とは、その名が示すとおり船舶の
労働環境・衛生環境を整えて、管理指導するスペシャリストであり
船員の健康の維持、居住環境・食料・水の衛星保持を行う
国土交通省によって定められる船員法において規定されている
必置資格者をいい、または国家資格をいいます。

船舶における衛生管理のスペシャリストとして高度な知識を
要求される資格ではありますが、特に厳しい受験資格などは
ありません。
(※20歳以上)

また、船舶に乗り込む衛生管理者は下記の条件により受験せずとも
資格の認定を受けることが可能です。

  • 医師
  • 歯科医師、薬剤師、獣医師
  • 保健師、助産師、看護師(准看護師)
  • 医学士、医学士、薬学士、衛生看護士
  • 医学、歯学その他の保健衛生に関する旧高等専門学校令に基づく旧高等専門学校卒業者
  • 外国で医師免許を得た者
  • 衛生管理者登録講習を修了したもの
  • 自衛隊の衛生幹部

・・・など

筆記試験及び実技試験によって試験を行い、受験は
例年神戸若しくは横浜にて行います。

難易度及び合格率等の考察


国家資格の難易度としては一般的な難易度であると言えますが
合格率及び受験者数が正式に公表されておりませんので
船舶に乗り込む衛生管理者における上記の「合格率」
「人気度」の表記は0としております。

また、受験に関する情報量はとても少ないので
前述の資格認定の条件にもある衛生管理者登録講習を
受講することによる資格取得も手段として考慮しても
良いかもしれません。

乗組員の多い大型規模の船舶では必置ですので
海上関連業務において一定のニーズが見込めます。

船舶に乗り込む衛生管理者試験の各種情報

合格率 非公開
難易度 一般的
試験科目 ●筆記試験

  • 労働生理
  • 船内衛生
  • 食品衛生
  • 疾病予防
  • 保健指導
  • 薬物
  • 労働衛生法規

●実技試験

  • 救急処置
  • 看護法
試験方法 筆記試験及び実技試験
試験実施機関 国土交通省
受験手数料 5400円
試験日 12月上旬頃
合格発表日 翌1月頃
合格後

その他の情報

国土交通省によって規定されている船員法の中で
衛生管理者について下記のように定められています。

第82条の2(衛生管理者)

  • 船舶所有者は、左の船舶(前条各号に掲げるものを除く。)については、乗組員の中から衛生管理者を選任しなければならない。但し、国内各港間を航海する場合又は国土交通省令の定める区域のみを航海する場合は、この限りでない。
  • 1.遠洋区域又は近海区域を航行区域とする総トン数3000トン以上の船舶
  • 2.国土交通省令の定める漁船