土地家屋調査士

測量

土地家屋調査士とは、建築物や土地がどのように利用されているのか
どのような形状なのか、何処にあるのかなどを精密に調査・測量を行い
登録申請の手続きまでを行う不動産の登録手続きのプロフェッショナルで
あり、土地家屋調査士試験は法務省管轄の国家資格です。

土地家屋調査士になるためには多肢択一式及び記述式による筆記試験と
口述試験に合格しなければなりません。

土地家屋調査士試験は年齢・性別・学歴によらず誰でも受験することが
でき、測量士、測量士補、一級建築士、二級建築士などの保有資格によって
午前の部の試験を免除されます。
(または筆記試験に合格したものと同等以上の知識及び技能を有するものとして
法務大臣が認定したもの)

難易度及び合格率等の考察


土地家屋調査士の資格は非常に公共性の高く、誰でも受験可能である
門戸は広く感じますが、実際には試験の難易度は高く合格率は10%を
切るほどの難関です。

受験に関する情報量はそれほど多くはありませんが、関連書籍・参考書
スクール・通信教育などの受験への取り組みの手段も一通り存在すると
判断しても良いでしょう。

就職・転職へのアプローチとしてはその専門的知識と技術を生かしての
就職先を目指すより、独立開業への効果の方が期待できます。

土地家屋調査士試験の各種情報

合格率 8%前後
難易度 難関
試験科目
  • 民法に関する知識
  • 登記の申請手続き及び審査請求に関する知識
  • 土地及び家屋の調査及び測量に関する知識及び技能
     ・平面測量(トランシット及び平板を用いる図根測量を含む)
     ・作図(縮図及び伸図ならびにコレに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む)
  • その他土地家屋調査士法に規定する業務を行うのに必要な知識及び能力
試験方法
  • 多肢択一方式、記述式による筆記試験
  • 口述試験
試験実施機関 法務省
受験手数料 7200円
試験日 筆記:8月、口述:11月
合格発表日 筆記:10月、口述:11月
合格後

その他の情報

土地家屋調査士になるためには、土地家屋調査士試験に合格し
土地家屋調査士法により規定されている、土地家屋調査士会に入会
してはじめて「家屋調査士」をなのることができ、また業務を行う
ことができるようになります。