発破技士

発破

発破技士とは、「せん孔」「装てん」「結線」「点火」などをはじめとする
火薬等を用いる発破作業を行い、またそれらの作業には非常に危険が伴うため
発破作業の知識・技術が必要とされます。

また発破技士は土木関連工事や砕石の現場などで活躍ますが、発破業務に
直接携わる技術者として国家資格である発破技士の有資格者が当たる事と
されています。
(厚生労働省管轄)

発破技士資格を受験するには受験資格が必要であり、下記の通りです。

  • 学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育において、応用化学、採鉱学又は土木工学に関する学科を専攻して卒業した者で、その後3ヵ月以上発破の業務について実地修習を経たもの
  • 発破の補助作業の業務に6ヵ月以上従事した経験を有する者
  • 発破実技講習を修了した者

難易度及び合格率等の考察


発破技士の受験には、その大半が経験者・従事者若しくは
講習を受験した人ですので、合格率も自ずと高くなっており
試験内容自体も比較的低めです。

情報量は少ないですが、一般に入手可能な書籍や情報で
十分対応可能ですし、全国火薬類保安協会の講習会も
ありますので、受験対策の取り組みにはそれほど不自由
しないでしょう。

受験者数が少ないので人気度の表記は低めに記述しておりますが
土木・建築・砕石などの業界である程度のニーズが見込めるでしょう。

発破技士試験の各種情報

合格率 50%前後
難易度 やや低い
試験科目
  • 発破の方法
  • 火薬類の知識
  • 火薬類の取り扱い
試験方法 学科のみ(実技試験無し)
試験実施機関 財団法人 安全衛生技術試験協会
受験手数料 7000円
試験日 年2回
合格発表日
合格後

その他の情報

導火線発破技士又は電気発破技士の免許証によって
「火薬類の知識」「火薬類の取り扱い」の科目が
免除になります。