ガス溶接技能者

溶接

ガス溶接技能者(ガス溶接作業者)とは、アセチレンやプロパンをはじめとする
可燃性のガス・酸素を用いて金属の溶接・溶断・加熱の作業を行う労働安全衛生法に
よって定められたガス溶接技能講習を終了し、その業務を行う者をいいます。

受験(受講)にあたり特段資格等は必要ありませんが、前述の作業を行うためには
ガス溶接技能者を修了した者か、ガス溶接作業主任者免許を持つものしかこの
業務を行うことが出来ません。

難易度及び合格率等の考察


合格率が高く難易度もとても低くなっており
受講(受験)者の殆どが合格できます。

受講には試験も含まれて降りますが、真面目に受講を
していれば特段問題は無いでしょう。
また鉄鋼・建築など様々な分野でガス溶接の技術を求められる
シーンは多数ありますので求人も多く就職・転職に有効でしょう。

ガス溶接技能者の各種情報

合格率 99%
難易度 やさしい
試験科目 受講内容別記
試験方法 科目範囲での筆記試験、または口述試験
試験実施機関 日本産業技能教習協会
受験手数料
  • 受講料15,000円(消費税込)
  • 教材費700円(消費税込)
試験日 ほぼ毎月
合格発表日
合格後

その他の情報

ガス溶接技能講習は2日間(通例)にわたり行われ、学科の試験も含まれます。

学科

  1. ガス溶接等の業務のために使用する設備の構造及び取扱いの方法に関する知識
  2. ガス溶接等の業務のために使用する可燃性ガス及び酸素に関する知識
  3. 関係法令

実技

  1. ガス溶接等の業務のために使用する設備の取扱い